スポンサードリンク
   


まだ、間に合うかな?? 紅葉のライトアップ京都・永観堂(禅林寺)これから見頃(みごろ)編


紅葉のライトアップ京都・永観堂(禅林寺)編

だんだんと紅葉の見頃が増えてきましたね。

★日本を代表する作家23人の名文に導かれ京都・東山を歩く。


清水寺/知恩院/青蓮院/南禅寺/永観堂(禅林寺)/真如堂(真正極楽寺)/銀閣寺(慈照寺)/妙法院/智積院/三十三間堂/泉涌寺/東福寺

【送料無料】名文で巡る京都国宝の寺(1)

【送料無料】名文で巡る京都国宝の寺(1)
価格:1,800円(税込、送料別)


11月半ばあたりから見頃も増えてきたみたいで、各京都の紅葉のスポット場所では、夜はライトアップが始まるお寺や神社もあちことで・・・・。


そんなかで、永観堂(禅林寺)が11日からライトアップが始まります。
7日夜、夜間特別拝観(ライトアップ)の開始を前に、試験点灯が行われた。色づき始めたモミジや東山山麓(さんろく)に立つ多宝塔がライトに照らされ、境内に浮かび上がった。


「紅葉の永観堂」と称され、約3千本のモミジの景観が有名です。


夜間特別拝観(ライトアップ)は11月11日〜12月5日の午後5時半〜8時半。
期間中の昼間は寺宝展があり、修理を終えた絹本著色山越阿弥陀(あみだ)図(国宝)などを公開する。いずれも拝観料が必要ですので、ご注意ください。
posted by 紅葉名所を探し隊 at | 紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


一眼レフ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。